• COLUMN
  • コラム
  • 2020/12/11
  • SNSでブログコンテンツを有効化!SNSとコンテンツの関係性について
  • こんにちは。シパーズ マーケティング事業部 小山です。

     

    インターネットが普及し、情報が取り入れやすくなった現代のユーザーは、商品を購入するまでにさまざまな情報を入手し、比較・検討するようになりました。

     

    そのため、従来のようにCMや雑誌などのメディアを通した広告よりも、有益な情報が載っているコンテンツを重視する傾向にあります。

     

    コンテンツを使ったマーケティングは、すでに購買意欲のあるニーズだけでなく、滞在的なニーズへのアプローチにも有効であることから、ブログコンテンツで情報を発信することは有効であると言えます。

     

    しかし、ブログコンテンツの重要性は多くの企業が注目しているため、せっかくブログコンテンツを発信しても、多くのコンテンツに埋もれてしまうデメリットも持ち合わせています。

     

    今回は、ブログコンテンツのマーケティング効果を高めるためのヒントについてご紹介します。

     

    SNSとブログコンテンツの掛け合わせによる効果

    コンテンツマーケティングを行ううえで、今や欠かせない存在となっているSNS。SNSとブログコンテンツを掛け合わせて活用することで生まれるメリットをご紹介します。

     

    コンテンツが拡散されやすい

    ブログコンテンツは、発信をすればインターネット上で閲覧することができますが、発信したコンテンツをユーザーに閲覧してもらうには、検索エンジンで上位に表示させることが有効です。

     

    しかし、上位に表示させるためには、SEO対策を行って検索エンジンへ有益なコンテンツであることをアピールしなければなりません。

     

    また、ブログコンテンツは良質な情報であっても1度や2度の投稿のみのWebサイトでは上位に表示されにくい傾向にあるため、短期的な効果が出ない点が懸念ポイントでもあります。

     

    情報が拡散されやすい特徴のあるSNSでブログコンテンツをアピールすることで、検索エンジンからの流入だけでなく、SNSからの流入が可能になります。

     

    さらに、近年では検索エンジンを活用するよりも、SNSで検索することも一般的になってきました。今やSNSでの言及はSEO対策にもなるため、SNSと併用してブログコンテンツを展開していく方法は、SNS上でも検索エンジン上でも見つけてもらいやすくなると言えます。

     

    潜在的なターゲットにも情報を届けやすい

    SNSは趣味や興味でのつながりが強いため、適格なターゲットにブログコンテンツが届きやすいメリットがあります。

     

    また、検索エンジンを使って検索するユーザーは、すでに求めている情報が明確である顕在的なユーザーをメインにリーチすることに対し、SNSでは滞在的なユーザーにも情報を届けられる可能性があります。

     

    SNSというツールを活用することで幅広いユーザー層にリーチできることもSNSとブログコンテンツを掛け合わせることで生じるメリットです。

     

    リピーターの獲得につながりやすい

    ブログコンテンツは情報を提供することを目的とした媒体ですが、SNSはコミュニケーションを楽しむ媒体です。

     

    あなたも自分のSNSで投稿したコンテンツに「いいね」を付けてくれたり、コメントをくれたりしたときは嬉しくなりませんか?

     

    誰でも自分に興味を持ってくれたら嬉しくなるもの。SNSでは積極的にユーザーとのコミュニケーションを取ることで、相手もこちら側に興味を示してくれるようになることが期待できます。

     

    ブログコンテンツで情報を発信しながらも、SNSでユーザーとのコミュニケーションを取ることでユーザーがファン化しやすく、リピーターの獲得につながりやすい傾向にあります。

     

    また、SNSはユーザーがコンテンツを拡散してくれるケースもあります。一般ユーザーによる投稿は、当事者である企業が発信するよりも、クチコミのような信頼性の高い情報であるため、さらに信頼性や注目度の向上が期待できます。

     

    費用対効果アップが期待できる

    従来であれば、広告宣伝費をかけてメディアへ広告を打ち出し、商品やサービスを広めることが主流でした。しかし、SNSであれば低コストで運用することができます。

     

    一方的なコンテンツを打ち出すよりも、SNSは狙ったターゲットへ効率よく届けることができたり、「バズる」という爆発的な拡散力で情報を広めたりできる可能性も秘めています。広告宣伝費をかけるよりも、費用対効果の改善が期待できることも、SNSとブログコンテンツを掛け合わせるメリットです。

     

    ブログコンテンツと掛け合わせるSNSの使い方

    コンテンツのURLをただSNSに貼り付けて投稿するだけでは、ユーザーの反応を得ることは難しく、上手な活用方法とは言えません。ユーザーが反応してくれるようなSNSの活用方法をみていきましょう。

     

    ブログ用のアカウントで運用する

    SNSでは発信する内容にブレがないことが好ましいです。

     

    そのため、ブログコンテンツを有効にするためにSNSを活用するのであれば、テーマや発信する内容はブログコンテンツと統一することがおすすめ。

     

    ブログコンテンツの制作でも重要な部分ですが、SNSを運用する際も「ターゲットとするユーザーの求めている情報は一体何か?」に注目しながら運用すると効果的です。

     

    KPIを設定する

    KPIとは、数値で効果を示す指標です。ブログコンテンツやSNSは、流入先や閲覧数、アクション率など、ユーザーの行動を数値という情報で得られることができるため、目標を設定しやすい特徴があります。

     

    ブログコンテンツの拡散のためにSNSを運用するのであれば、SNSからの流入を「いつまでに?」「どれくらいの人数に閲覧してもらいたい?」など、明確な目標値を設定して運用しましょう。

     

    KPIの設定は、運用の効果を知ることができたり、改善点を知ることができたりするため、上手なSNS活用方法と言えます。

     

    SNSを活用してブログコンテンツの有効性を高めよう

    ユーザーの求めている情報をブログコンテンツとして発信しても、ユーザーに届かなければ意味をなしません。拡散力やコミュニケーション力が長けているSNSを併用することで、よりブログコンテンツの価値を高め、集客につながることが期待できます。

     

    しかし、SNSはメリットだけでなく、炎上というデメリットが潜んでいることも忘れてはいけないこと。

     

    情報は信頼性が大切です。拡散力の優れたSNSだからこそ、信頼を大切にしてユーザーに選ばれる情報源にしていきましょう。